2013年12月11日

50歳代で妊娠するためには(4)

お待たせいたしました。50歳代シリーズ5回目です。

50歳代でも十分、妊娠できる
50歳代でも妊娠できる
50歳代で妊娠するためには(2)
50歳代で妊娠するためには(3)

も合わせてご参照ください。
今までの復習を簡単に行いますと、
1)生活習慣の劣化
2)催奇形因子の摂取
3) 運動量

によって妊娠力が失われてしまいました。
それを上げるために重要な要素として「栄養」が挙げられます。

続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 16:27| Comment(2) | 50歳代での妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

50歳代で妊娠するためには(3)

今日もまた50歳代シリーズを。

50歳代でも十分、妊娠できる
50歳代でも妊娠できる
50歳代で妊娠するためには(2)

も合わせてご参照ください。
今までの復習を簡単に行いますと、
1)生活習慣の劣化
2)催奇形因子の摂取
が50歳代の妊娠を妨げる要素だと書いてきました。

今回、挙げたいと思うのは、
3)運動量になります。

続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 18:29| Comment(0) | 50歳代での妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

50歳代で妊娠するためには(2)

久しぶりに50歳代での妊娠について取り上げたいと思います。

50歳代でも十分、妊娠できる
50歳代でも妊娠できる

も合わせてご参照ください。

メールなどでご質問をいただくのですが、
「昔の人が50歳代での妊娠をしていたのは、出産人数が多く、
その分、卵巣を休ませることができたからだ」
という内容(というか、意見)をいただきます。
いわゆる「生み止めができなかった」というものです。

こういった考え方ももちろん否定しません。
が、
当時は40歳代後半や50歳代初産も少なくありませんでした。

私はケアマネをしていましたので、多くのご高齢の方と接してきました。
担当させていただいた方の中にも、少なからず、
40歳代後半や50歳代で初子として生まれてきた方にも実際接してきているのです。

そして、この「生み止め説」はDNA損傷の修復という、医学的事実を説明できないという問題があります。

それでは、どうして50歳代でも妊娠できたのでしょうか。



続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 14:29| Comment(0) | 50歳代での妊娠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。