2015年04月15日

IVFとICSIのどちらを選びますか?

体外受精と顕微授精ではどちらの方が妊娠しやすいの?

ご存知の方も多いと思いますが、日本では採卵した卵を受精させる際に、IVF(体外受精 いわゆる、ふりかけ法)とICSI(顕微授精 精子を卵子に直接注入する方法)のどちらかが用いられます。当初はIVFが多かったのですが、近年、日本ではIVFよりもICSIが増加する傾向にあります。これは日本だけの傾向ではなくアメリカも同じような傾向を示しています。

ここで一つ紹介したい論文があります。アメリカの論文誌JAMAで発表されました”Trends in Use of and Reproductive Outcomes Associated With Intracytoplasmic Sperm Injection.”という論文です。

この論文を要約しますとICSI導入当初は、男性の精子の質に問題がある際にIVFでは受精が見込めないという事でICSIを選択していたのですが、次第に男性因子が存在しないカップルにおいてもICSIが選択されるようになっていきました。それによりICSIの実施割合は1996年当初の36.4%から2012年には76.2%と大幅に増加したのです。


続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 17:27| Comment(0) | 精子の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

禁欲期間はどの程度が良いのでしょうか

以前、「夫婦行為が多いとどうなるの?
という記事を書かせていただきました。

その中で、夫婦行為が多くなると骨盤底筋群に負荷がかかり、
尿失禁で悩む方が増え、
結果的に妊娠にはマイナスになる可能性があるという話を紹介しました。

それでは精子の質に関していうとどうなるのでしょうか。
今回は女性側ではなく、男性側に焦点を当てて書いていきたいと思います。


続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 09:37| Comment(4) | 精子の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

精子の質について

今日は精子の質について書いていきたいと思います。

卵子も年とともに質の低下をするように、
精子も同様の変化を伴います。
そうです。
精子の質は卵子同様、染色体のエラーの有無で決まります。
ですから、40歳代の夫婦は
卵子の質のみならず精子の質も高めたいのです。

ですが、多くの男性は、
「女性と違って70歳代や80歳代でも父親になっている人が多くいる」
といいます。
確かにそれは事実なのですが、
精子の質は40歳を過ぎるころから低下し、45歳以降は大きく低下するようです。

Lawrence Livermore National Laboratory』によれば、
45歳を超える男性の精子DNAの損傷は、
30歳未満の男性と比較すると2倍にもなったそうです。
この精子の質は、単に数や運動だけでは判断できるものではありません。
一般に行われている精子検査では非常に分かりにくいのです

ということは、子宝になかなか恵まれないのは、
「精子に問題がない」
とされている男性側に問題がある可能性も十分にあるのです。


もちろん、卵子同様、対策を取ることもできます。





続きはコチラ!
タグ:精子の質
posted by 山田光敏 at 09:02| Comment(0) | 精子の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。