2013年05月07日

先天性風疹症候群(CRS)について正しい情報を!

先天性風疹症候群(CRS)について。

風疹が猛威をふるっています。
妊娠の可能性のある方はワクチンを打ちましょう!
と連日のようにテレビなどで報道されています。

これについて幾つかの補正が必要な点を。

まず、予防接種は夫婦で受けた方が良いと思います。
記憶にあると思いますが2004年にも風疹が流行しました。
この際の中心的な罹患者は若い男性でした。
しかし、CRSは前年まで1〜2件に過ぎなかったのが、2004年は10件も報告されたのです。
今回の流行も患者の8割近くが男性ということも付記しておきます。

2点目は予防接種を受けてもCRSは起こる、ということです。
2000年から今年の4月までに報告のあった27件のうち、
母親がワクチンを打っていないと分かっているケースは12件にとどまります。
中には、ワクチンを打って、お母さんは風疹に罹患していなくてもCRSになったケースが3例もあるのです。
この事から、ワクチンは万能ではなく、風疹の罹患も絶対条件ではないことが分かります。
対策としては、風疹が起きやすい環境に行かない、というのが一番です。

3点目は意外と知られていませんが、
風疹流行年は流産が増える、ということです。
感染症の権威、加藤茂孝先生によると、
CRS患者の59倍にもなるといいます。

そして、4点目。CRSは風疹罹患者のごく一部に過ぎないということです。
母親が感染しても発疹しない事があります(不顕性感染)。
発疹していなくても生まれてきたお子さんの3.5%に胎内感染が起こり、
CRSは28.6%で起こります。
いかにウイルスに感染しないか、を考えなければいけません。

以上のことから一般にできる対策は次の通りです。
1)予防接種は夫婦で受ける
2)隔離された空間に行かない
3)風疹はマスク・手洗いで相当の予防が可能です

当治療院はすべてのスタッフ及び患者さんに手指の消毒を徹底し、
院内の消毒を行っています。
また院内換気は通常施設の2割増しで行っております。
安心してご来院ください。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。

※ 東急セミナーBEの紹介です。
卵の質を改善したり着床を促す方法を伝授します。

※ 「卵子の老化を防ぐ」講座紹介です。
昭和女子大学オープンカレッジ:03−3411−5100
まで直接、お申し込みください
講座詳細に関しては!
昭和女子大学オープンカレッジ 妊活講座紹介】
TOP → 「ジャンルで選ぶ」 → 「運動・スポーツ」 の順にクリックしてください。


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝マッサージ 楽天

※ 施術に関しては下記リンクをご参考下さい。
東京ボディセラピストサロンでの子宝マッサージ
子宝治療院での子宝マッサージ
posted by 山田光敏 at 09:26| Comment(0) | 提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

不妊治療助成「39歳まで」 私は反対です

本日のyomiurionlineにて、
『不妊治療助成「39歳まで」有識者会議で検討へ』
というニュースが流れました。

以前から噂されていた内容だとはいえ、
多くの問題を孕む内容なので皆様と一緒に考えていきたいと思います。

厚生労働省研究班の主張としては、
「40歳以上では医学的な有効性や安全性が低く、
公的助成に年齢制限を設ける場合、39歳以下とするのが望ましい」」
としています。

ただ、妊娠は費用対効果がすべてなのでしょうか?
しかも、現在、日本国内における出産割合として40歳代は決して小さくなく、
年間5万人以上もの出産をする世代でもあります。

その世代に対する助成を打ち切ろうというのであれば、
検討前に意見を募るのが通常ですが、
残念ながら厚生労働省の意見募集中案件には含まれていませんでした。

私の治療院の来院される患者さんは40歳代が非常に多く、
助成があるから治療を続けられるという方も少なくありません。
それでなくても、良い卵が採れないことを理由にする治療中断は
助成金が減額になってしまいました。

年税額は20歳代よりも40歳代の方が多く、
その上、助成も打ち切られるとなると納税による公平性を著しく欠くことにもなります。

是非、皆様の意見をお聞かせください。



子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。

※ 東急セミナーBEの紹介です。
卵の質を改善したり着床を促す方法を伝授します。

※ 「卵子の老化を防ぐ」講座紹介です。
昭和女子大学オープンカレッジ:03−3411−5100
まで直接、お申し込みください
講座詳細に関しては!
昭和女子大学オープンカレッジ 妊活講座紹介】
TOP → 「ジャンルで選ぶ」 → 「運動・スポーツ」 の順にクリックしてください。


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝マッサージ 楽天

※ 施術に関しては下記リンクをご参考下さい。
東京ボディセラピストサロンでの子宝マッサージ
子宝治療院での子宝マッサージ
posted by 山田光敏 at 09:16| Comment(2) | 提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

卵子提供の是非について

昨日から卵子提供登録支援団体
卵子の無償提供のボランティアを募集始めました。

昨年の春に卵子提供に関する記事を書きましたが、
とりあえず、レシピエント(提供を受ける人)にとって、
大きな負担にならなさそうな感じに進められていることは
とても嬉しい流れだと思います。

報酬なし、休業補償もなし、とないないずくしにも関わらず、
初日には41人もの女性からの登録希望があったと言います。

他国なら、ここまで集まることはなかったと思います。
そういった面で、私も日本で生まれた事に誇りを持ちますが、
この制度について「どうして?」と思わされる点が少なくありません。


続きはコチラ!
タグ:卵子提供
posted by 山田光敏 at 13:46| Comment(0) | 提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

着床前診断について

先週、新聞に掲載され議論を呼んだ「着床前診断」についてです。

個人的には卵の質をアップさせる方法により、
流産やダウン症といった染色体疾患の
お子さんは減らせると考えておりますので
今回の高額な検査はあまり興味がなく取り上げませんでしたが、
多くの患者さんから問い合わせがあったので個人的な見解を。

産経新聞によると、
「神戸市中央区の産婦人科医院「大谷レディスクリニック」大谷徹郎院長(57)は
11日の記者会見で、新型の着床前診断をこう説明し、
「年齢とともに染色体異常が増え、妊娠率が低くなり流産率が高くなる」
として、高齢出産が増える現状での診断の有用性について理解を求めた。」

とあります。
私は、以下の理由で条件付きで有用性が高いと思います。


続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 10:00| Comment(0) | 提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

海外卵子提供で出生130人

4月29日付けの読売新聞に
海外卵子提供で130人
という記事が掲載されていました。

以下、引用

不妊治療のため、海外に渡り別の女性から卵子提供を受け、
国内で生まれた子供の数は、過去5年間で少なくとも90件、
130人に上ることが、読売新聞の調べでわかった。

母親の平均年齢は45歳で最高齢は58歳、
9割が特別な管理が必要な「ハイリスク出産」だった。
国内での卵子提供は制度がなく、手がける医療機関もごく一部に限られるため、
希望する夫婦が仲介業者を頼って渡航しているとみられる。

引用以上まで

5月1日には「国内卵子提供で81人出生
というのもあり、卵子提供に対して、何らかの意図を感じずにいられません。


続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 15:26| Comment(2) | 提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

助成金

2012年1月26日の産経新聞に次のような記事がありました。

「愛知県は26日までに、人工授精などの一般不妊治療を受けている夫婦を対象とする治療費の助成制度のうち、投薬によるホルモン療法など保険が適用される治療について2012年度は助成しない方針を固めた。保険適用のない人工授精への助成は続ける。」

一般財源の不足を受け、“削りやすい”ところから削った、
という印象を受けた記事です。
これによって、今まで助成を受けられた夫婦のうち、4割という、
多くの方が助成を受けられなくなります。

もちろん、財政がひっ迫しているのは愛知県だけではありません。
多くの自治体が同様の状況に置かれていますから、
今後も、助成を打ち切るところが出てくるのではないかと思います。


ただ、多くのDr.も同様の意見だと思いますが、
基本、機能低下は薬の効きが悪くなる傾向にあります。
そして、ほとんどの場合、生活習慣の改善などを行うと、
機能の回復が期待できます。

助成金の復活は困難かもしれませんが、
ホルモン剤の使用は皆様の意思次第で減らすことも可能です。
将来のからだの事も考えて、
これを機会に今一度、生活習慣の改善に取り組んでみてはいかがでしょうか。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。



※ 4月、「妊活講座」と「セルフこうのとり療法講座」がW開講。3月受付開始です。
詳しくは、
昭和女子大学オープンカレッジ 妊活講座紹介】
東急セミナーBE セルフこうのとり療法講座紹介】

※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝マッサージ 楽天
posted by 山田光敏 at 10:00| Comment(0) | 提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

某県で起きた受精卵取り違え事故について

昨日のニュースで某県で起きた受精卵取り違え事故を取り上げていました。

着床し妊娠9週目での中絶。本当に痛ましい事故といえます。

実はこの手の事故は少なくないのかも知れません。それというのも受精卵移植直前に取り違えが発覚した事例を私は昨年だけでも数例知っているからです。


続きを読む..
posted by 山田光敏 at 11:44| Comment(0) | 提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

〈提言〉 夫婦の家事割合について

前回、共働きの夫婦の家事割合を5:5にすべきではないか、
と書きましたら、多くの男性諸氏からメールをいただきました。

その一部を紹介していきたいと思います。

Aさん
「私の勤務は精神的にも疲労困憊するのだから家ではゆっくり過ごしたい」

Bさん
「私の方が給与が高いのだから妻が家事をすべきだ」

Cさん
「女性の役割として家事をすべきではないか」


大体が以上のような意見でした。
私は特段フェミニストでもありませんが、これらの意見には賛同いたしかねます


続きを読む..
posted by 山田光敏 at 11:05| Comment(0) | 提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。