2008年06月01日

脂肪率と不妊の関係(6) ピルとお腹の脂肪

脂肪が適正な範囲でも妊娠しにくくなることがあります。
ピルの服用によりお腹に脂肪が付いてしまう場合です。

脂肪率が適正であっても、
お腹に集中的に脂肪がつけば肥満と同様に、
妊娠しにくい体質になってしまいます。

特に残胞を潰すためにピルを定期的にのむ際には、
お腹の脂肪についても考慮してもらいたいと思うのです。

それでは、ピルを飲むと太ってしまう理由を
簡単に解説していきましょう。

続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 13:15| Comment(3) | 脂肪率と不妊の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

脂肪率と不妊の関係(5) やせている人が今すべきこと

不妊症のうち、1割弱の方は痩せすぎが不妊の原因。
体重を増やすことで妊娠力を手にすることができるのですが、
実際には体重の増やし方があります。

BMIという体重と身長から割り出す体格指数が、
例えちょうど良い体重になったとしても、
妊娠力の上がる体重の増やし方をしないとだめなのです。

それでは、痩せている人が今すべきことはなんなのでしょうか。

続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 23:00| Comment(0) | 脂肪率と不妊の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

脂肪率と不妊の関係(4) 肥満の方は何を食べればよいか

それでは、肥満傾向にある方は、
痩せるまで妊娠を諦めなければいけないのでしょうか。

いえ、そんな事はありません。

痩せてからの方が妊娠しやすいのは事実ですが、
それまでの期間、何もしないというのはもったいないことです。
事実、アメリカでは180キロという、
日本では考えられない肥満の方が出産しています。

妊娠しにくいとはいえ、可能性は「0」ではないのです。

続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 13:19| Comment(0) | 脂肪率と不妊の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

脂肪率と不妊の関係(3) ダイエットには法則がある

肥満の方の問題を一言で言うと、

過剰なエストロゲンに支配されている

ということになります。
これをどうにかするためにダイエットを行うのですが、
ダイエットにも決まりがあります。
これを守らないと、せっかくダイエットしても、
そのダイエットのせいで卵巣機能が低下してしまうことになるのです。


続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 09:00| Comment(0) | 脂肪率と不妊の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

脂肪率と不妊の関係(2)

妊娠しやすい脂肪率は

20〜25%

と以前紹介しましたが、
どうして脂肪率が妊娠に影響を与えるのでしょうか。

それは、
エストロゲン代謝に体脂肪が関与するからです。


続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 09:39| Comment(0) | 脂肪率と不妊の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

体脂肪率と妊娠の関係

体脂肪率が妊娠に影響するって知っていましたか?

当治療院の調査の結果、最も妊娠しやすいのは

体脂肪率20〜25%

という結果でした。
体脂肪率が30%を超えるとガクッと妊娠率が下がり、
35%を超えると更に低下。
40%を超えると妊娠は非常に困難になるようです。

もちろん、低すぎるのも良くありません。
17%を下回ると妊娠率は下がり、
13%で更に低下、10%以下では非常に困難になります。

不妊でお悩みの方は体脂肪率にも着目してみてください。

不妊症はお気軽に東京ボディセラピストサロンにご相談ください。
posted by 山田光敏 at 00:01| Comment(0) | 脂肪率と不妊の関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。