2014年07月23日

多膿胞性卵巣の方の誘発方法

先日、NEJMにて多膿胞性卵巣の方についての論文が出ていました。

Letrozole versus Clomiphene for Infertility in the Polycystic Ovary Syndrome

というものです。
ここの論文に出てくるレトロゾールというのは夢クリニック系列に通われている方には
おなじみのフェマーラという薬です。

このフェマーラを使用した人と、セロフェン(クロミッド)を使用した人と比べて、
どう違いがあったか、といった内容でした。


続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 17:02| Comment(4) | 多嚢胞性卵胞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。