2015年07月07日

40歳代に朗報!?

高齢流産:たんぱく質「コヒーシン」減少が主原因

という記事がありましたね。
記事によると、
「卵子は老化するとコヒーシンが減少することが分かっており、研究グループは、染色体を結びつけるコヒーシン不足が分配の異常の主な理由とみている。」

まぁ、卵子は老化しないのでこの記事は間違っているのですが、
この文面、どこかで見たことがありませんか?
そう、昨年、私が取り上げているんですね
そして『子宝ごはん』でその対策にも触れているんです。


実は、このコヒーシンが不活性化する理由はある程度分かっています。

ですからその原因除去をするだけで40歳代の流産を減らせることになります。
ちなみに、ここでは具体的に書いていませんが、
このコヒーシンこそがダウン症などの染色体異常児の原因を作り出します。

コヒーシン対策は流産予防だけでなく、
元気なお子さんを育むためにも大切な要素なんですよ!


※ 何か質問がある時はお気軽にコメントを! お待ちしています。

※ 早発閉経対策コースに関しましてはこちらをご参照ください。

子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝ストレッチ amazon

※ 施術に関しては下記リンクをご参考下さい。
東京ボディセラピストサロンでの子宝マッサージ
子宝治療院での子宝マッサージ
※ 「子宝マッサージ」「基礎体温コントロール」「こうのとり療法」「子宝治療院」などは当治療院の登録商標です。
posted by 山田光敏 at 08:51| Comment(0) | 卵の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。