2014年09月24日

病院をどう選べばよいか(2014年版)

よく患者さんから頂く質問に、

「どこの病院がおすすめですか?」

というものがあります。
私は「その方が出産に至る病院がその方にとって一番良い病院です」
と考えますが、
それだとトンチっぽくなりますので、
簡単に病院選びのヒントを書いていきたいと思います。


病院が発表する数値にはあまり惑わされないで、参考程度にした方が良いと思います。

いろんな数値がありますが、
例えば、採卵あたりの妊娠率というものがあります。
これはいくらでも数字を作れるもので、
例えば凍結卵のストック作りをしない病院の方が高い率になりますし、
もちろん患者さんの平均年齢が低ければ高い率になります。
某病院が去年末辺りから凍結卵のストックづくりを原則禁止にしたのは
こういった背景が絡んでいます。

次に刺激法についてです。

刺激は軽ければ軽い方が良い、とは私は考えていません。
もちろん、強い刺激はからだに負担をかけてしまいますから、
好ましいとはいえませんが、
だからといってひたすら自然周期とピルという組み合わせは、
徐々に採卵数を低下させるだけでなく、
FSHを高くする原因にもなってしまいます。
もちろん、一定の年齢を超えると費用対効果の面からも好ましくありません。
卵巣の状態が整っているのであれば、
ある程度の刺激を行うことも視野に入れてよいと思います。
(もちろん、卵巣を晴らすような刺激はありえません)

事故率の低さも大切だと考えています。

これは一般の方には情報が行かないと思いますが、
どの病院でどういった事故が起きたというのは同じ業界にいれば伝わってきます。
例えば、採卵時に腹腔内に出血を起こすことがあります。
これが一定量以上になると、医療事故になります。
医療事故にならなくても、出血は癒着の原因にもなりますから、
出血がない方が良いに決まっています。

最新機器でなくても構いません。


これは最新機器を取りそろえた医療機関と、
”最低限の”医療機器のクリニックでは大きく妊娠率に違いがないという論文もあります。
医療機器を最新のものにそろえると医療費がどうしても高くなってしまいます。
もちろん、クリニック側としては宣伝文句にはなりますが、
そういった宣伝文句よりも技術が大切なのではないかと思うのです。

やはりDr.との相性は重要です。

説明をしないDr.
高圧的なDr.
話しがコロコロ変わるDr.
などは通っていて苦痛になると思います。
先生と話して、真摯に向き合ってくれるDr.を選びたいと思います。

そう考えると、私がお勧めする病院はどうしても限られてきます。
個人的に集めた情報から都内近郊でいうと、

・あいだ希望クリニック(神田)
・銀座ウィメンズクリニック(銀座)
・両角レディースクリニック(銀座)
・クリニックドゥランジェ(11月 北青山開院予定)
・みなとみらい夢クリニック
・新橋夢クリニック
などが良いと思います。

他にも非常に有名クリニックはありますが、
その時在籍するDr.によっても変わってきますので、
現時点でその先生の熱意や技術、設備そしてお人柄などから勘案して、
あくまで”個人的”に選んだリストだと思って下さい。

でも、前回私が選んで病院は一つも入っていないというのも、
時代の流れなんでしょうね。


※ 何か質問がある時はお気軽にコメントを! お待ちしています。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝ストレッチ amazon

※ 施術に関しては下記リンクをご参考下さい。
東京ボディセラピストサロンでの子宝マッサージ
子宝治療院での子宝マッサージ
※ 「子宝マッサージ」「基礎体温コントロール」「こうのとり療法」「子宝治療院」などは当治療院の登録商標です。
posted by 山田光敏 at 16:16| Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お忙しい中をわかりやすいご回答をありがとうございました。
よくわかりました。
サンビーマーや半身浴はもうやめておきます。
その分ウオーキング ストレッチをやります。
ありがとうございました。
Posted by オリーブ at 2014年10月01日 16:45
オリーブさん。

コメントをありがとうございます。
体液循環を促す要素として、確かに温度は重要な要素となります。そういった面では温めると体液循環は改善されます。

ですが、人はタンパクでできていますから、40度を超えるとタンパクは変成を始めます。また、温度上昇の累積時間と卵の胚盤胞率や成熟度は相関関係があることも分かっています。

サンビーマーがどの程度の時間で卵巣までの震度をどの程度温度を上昇させるかについての情報を得られませんでしたので何とも言えませんが、温める行為を継続的に行うことは、温度上昇の累積時間を上げてしまうので好ましいことではありません。

私のところではこういったものを使用しなくても十分な実績を上げています。以上、ですが回答になりましたでしょうか?
Posted by 山田光敏 at 2014年10月01日 14:22
子宝マッサージ、子宝ストレッチを読ませていただきました。そこで質問がありますのでよろしくお願いいたします。
今まで、排卵日までの間は温めたほうが良いという情報があり、半身浴をしたり、サンビーマーをしたりしていましたが、卵子は温めないほうが成長しやすいとありましたが、
サンビーマーのような遠赤外線で血流をよくするものもしないほうが良いのでしょうか?
病院によってはサンビーマーを取り入れて実績を上げているというのもHPで見ますが、血流をよくするといっても、やはりサンビーマーも温めるという事になり、お勧めできませんでしょうか?レンタルをしているので、どうしても確認をしたいのです。お忙しい中恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。
Posted by オリーブ at 2014年09月24日 17:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。