2014年08月13日

葉酸摂取で神経管欠損症を予防?

2014年7月、BMJに
"Population red blood cell folate concentrations for prevention of neural tube defects: bayesian model"
という論文が掲載されました。

これは血中の葉酸濃度を調べることで神経管欠損症リスクを知ることができると言います。
この時、1000nmol/L以上の葉酸濃度で優位にリスクが低下するといいます。

日本においては、2000年12月に厚生労働省が
1日に400μgの葉酸をサプリメントから摂取するように奨励していますが、
これは現実としてどうなのでしょうか。



正直なところ、
これはその国によって必要量は変わってくると思います。
この400μgという数字はアメリカの論文に出てくる数値をそのまま持ってきているのですが、
アメリカの場合は、食事をカロリーベースで摂取しています。
野菜というのはカロリーという観点から言うと費用対効果のあるい食材ですから、
微量栄養素はサプリメントからとるという事になります。

なにせ、ピザに使われているトマトソースも野菜換算するようなお国柄ですから、
日本人に比べて根本的に野菜摂取量は少なすぎるのです。
これは葉酸摂取量が絶対的に少なくなることを意味します。
そういった事からアメリカでは400μgをサプリメントから摂取することになりました。

それでは日本ではどうなのでしょか。
詳しくは『子宝ごはん』(PHP研究所)に書かせていただいておりますが、
葉酸のサプリメント接種は神経管欠損症リスクを減らすことにはつながりませんでした
なぜなら日本はアメリカに比べて野菜の摂取量が多い国だからです。

今回の論文は、誰彼構わず葉酸サプリを飲め!
という強迫的な構造からの脱却につながるのではないかと期待が持てます。
やはり、葉酸の過剰摂取は生まれてくる子供にとってマイナス面がありますから、
サプリメントを飲まなくても良い人には飲んで欲しくないからです。
今後の経過報告にもよるでしょうが、
妊活を考えた時と、妊娠初期には計測してみても良いかもしれませんね。


※ 何か質問がある時はお気軽にコメントを! お待ちしています。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝ストレッチ amazon

※ 施術に関しては下記リンクをご参考下さい。
東京ボディセラピストサロンでの子宝マッサージ
子宝治療院での子宝マッサージ
※ 「子宝マッサージ」「基礎体温コントロール」「こうのとり療法」「子宝治療院」などは当治療院の登録商標です。
posted by 山田光敏 at 17:09| Comment(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。先生の書かれた子宝マッサージ読ませていただき、実践させて頂いております。42歳の一児の母です。どうしても2人目を妊娠したいと願っております。質問なんですが、本に書いてある運動量についてなんですが、一児おりますと、なかなか運動をする、ウォーキングすることが難しいのですが、何か良い方法はありますか?今、幼稚園で夏休み中の為、特にウォーキング等は難しいのです。
後、私は福岡に住んでいるのですが、一度、先生のご指導を仰ぎたいと願っておりますが、一回だけ指導していただくことは出来るのでしょうか?遠方なため、通院は出来ません。。よろしくお願いします。
Posted by 井口 at 2014年08月13日 18:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。