2013年04月17日

肥満が不妊を引き起こす原因が判明

4月4日のCell Reportsに紹介されたレポートが非常に興味深い内容でした。

「Obesity-Associated Autoantibody Production Requires AIM to Retain the Immunoglobulin M Immune Complex on Follicular Dendritic Cells」
というレポトートです。

私のブログにも書かせていただいていますが、
脂肪率が少なすぎても多すぎても妊娠しにくくなります。
特に、日本人の場合、40%を超えると先ず、妊娠は厳しくなります。

その理由の一端をこのレポートが解き明かしてくれたのです。



脂肪率が上昇すると自己免疫疾患が起きやすくなることが良く知られています。
数年前まで知名度の少なかった不育症という言葉は、
今や多くの方が知るところとなりましたが、
脂肪率の高い方は、不育症になりやすい傾向があります。
検査上では自己免疫系の数値に異常が見られやすくなります。

今回のレポートはなぜ、脂肪率の上昇は免疫疾患になりやすくなるかを解明したのです。

keywordは「AIM」です。
AIMとはApoptosis Inhibitor of Macrophageの略で
脂肪を融解する血液中のタンパク質のことです。
このAIMは血液中でIgMに結合し脾臓でIgMが長期間働けるように支援しています。
IgMの作用が強くなると脾臓の働きが活発になり、
それが免疫疾患を誘発していくのです。

AIMはマクロファージから分泌されるものなので、
このAIM分泌を抑制することができれば、
例え肥満であっても不育でな悩む方を減らせるのではないかと思います。
もちろん、一番良いのは、脂肪率を減らす努力が一番なのだと思うのですが。

子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。

※ 東急セミナーBEの紹介です。
卵の質を改善したり着床を促す方法を伝授します。

※ 「卵子の老化を防ぐ」講座紹介です。
昭和女子大学オープンカレッジ:03−3411−5100
まで直接、お申し込みください
講座詳細に関しては!
昭和女子大学オープンカレッジ 妊活講座紹介】
TOP → 「ジャンルで選ぶ」 → 「運動・スポーツ」 の順にクリックしてください。


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝マッサージ 楽天

※ 施術に関しては下記リンクをご参考下さい。
東京ボディセラピストサロンでの子宝マッサージ
子宝治療院での子宝マッサージ
posted by 山田光敏 at 20:14| Comment(0) | 妊娠力をつける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。