2013年03月04日

宇宙線がどう妊娠に影響を与えるか

昨晩、アメリカの宇宙ベンチャー・スペースX社の無人輸送船が国際宇宙ステーションに到着した、
というニュースが流れました。

冷凍されたマウスのES細胞がどういった影響を受けるかを調べるためだそうで、
この実験により人が宇宙に長期滞在する際の影響を予測するのが目的なのだそうです。
これだけのニュースなら、聞き流していたのですが、
その後に、

「受精卵に移植して正常なマウスが生まれるかどうかも調べる」

というのです。
宇宙線は妊娠にも影響を与えることが分かっており、
その内容は震災後の放射線の影響を示唆することになるかも知れない内容だからです。




まず、宇宙線について。
「宇宙線は、太陽系外における超新星爆発や太陽活動の際に放出される高エネルギー粒子」
のことです。

宇宙線は宇宙空間と大気圏内ではその成分が異なるので、
今回の実験と私たちの実生活では多少の違いはありますが、
“放射線量”という観点から考えると当てはめやすいと思います。

震災後の首都圏の住民の年間被ばく線量を調べてみると
大気や水、食事などを含めて大体1〜2mSv位になります。
航空機に乗っていると被ばく量が多くなることが知られていますが、
年間1000時間搭乗した場合の被ばく線量が5〜6mSvで、
JAXAの生涯実効線量制限値は女性で600〜1100mSvですから
震災における放射線の影響は当初、様々な雑誌で喧伝されていたよりも
少ないことが分かっています。
そう考えると、2011年4月後半以降の妊娠にはほぼ問題はないと思います。

ただし、当時の政府が多くの情報を隠ぺいした、
2011年3月だけは事情が異なります。
この時期は福島はもちろん、首都圏にも大量の放射線が降り注ぎました。
その時に妊娠した子たちはもう1歳を迎えていますが、
将来どういった影響が出てくるか、
実験の結果によってある程度、推測できるかもしれません。

実験結果は早くても来年以降となりますので、
情報が入り次第、また、記事にしていきたいと思います。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。


※ 「卵子の老化を防ぐ」講座紹介です。
昭和女子大学オープンカレッジ:03−3411−5100
まで直接、お申し込みください
講座詳細に関しては!
昭和女子大学オープンカレッジ 妊活講座紹介】
TOP → 「ジャンルで選ぶ」 → 「運動・スポーツ」 の順にクリックしてください。


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝マッサージ 楽天

※ 施術に関しては下記リンクをご参考下さい。
東京ボディセラピストサロンでの子宝マッサージ
子宝治療院での子宝マッサージ
タグ:放射線
posted by 山田光敏 at 10:25| Comment(0) | 卵の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。