2009年02月20日

某県で起きた受精卵取り違え事故について

昨日のニュースで某県で起きた受精卵取り違え事故を取り上げていました。

着床し妊娠9週目での中絶。本当に痛ましい事故といえます。

実はこの手の事故は少なくないのかも知れません。それというのも受精卵移植直前に取り違えが発覚した事例を私は昨年だけでも数例知っているからです。


昨日のニュース番組のキャスターは「怠慢」という陳腐な表現を用いていますが、私の知る限り怠慢で事故(未遂)を起こした例を知りません。

ほとんどの場合、医療手順の交差により起こり、その背景には不妊医療従事者の過酷な勤務実態があります。

もちろん、それを言い訳にして医療事故を正当化できる訳ではありません。真摯に事故事実を受け止め反省すべきだと思います。

ただ実状を知らず怠慢と切り捨てるのはあまりにも乱暴で、不妊医療に対して不信感を植え付けるだけで、不妊医療医を産科や小児科と同じように深刻な不足状態にさせる可能性があります。

この痛ましい事故を減らすにはマンパワーの確保が必要不可欠なのだと思うのです。



※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
モテ脚骨盤ストレッチ
産後骨盤ダイエット


不妊症はお気軽に東京ボディセラピストサロンにご相談ください。
不妊症には子宝マッサージ&子宝はり


posted by 山田光敏 at 11:44| Comment(0) | 提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。