2012年07月25日

「子宝マッサージ」 新規受付再開します

大変お待たせいたしました。

新規受付を再開させていただきます。
少しでも多くの方が妊娠できますよう頑張ってまいりたいと思います。

化学流産対策や卵子の老化を防ぐためにはどうするか、
といった事も含めながら施術を行っていきます。

今回は池袋の東京ボディセラピストサロンでの受付となります。
2月の募集の際には次回は10月募集を考えておりましたが、
思いのほか卒業者が多く早めの募集となりました。

今回も一人でも多くの方が早めに卒業できるよう、
頑張っていきたいと思います。

新規受付方法に関してはコチラをご参照ください。

皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ちしております。


※2012年8月14日付けで新規受け付けを終了いたしました。
次回、池袋の新規受付は2012年12月を予定しております。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。


※ まもなく締切! 「卵子の老化を防ぐ」講座紹介です。
2012年7月13日開講! いよいよ受け付け終了!
昭和女子大学オープンカレッジ 妊活講座紹介】
TOP → 「ジャンルで選ぶ」 → 「運動・スポーツ」 の順にクリックしてください。


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝マッサージ 楽天
posted by 山田光敏 at 13:55| Comment(0) | 子宝マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

タイミングで妊娠率を上げるには

「タイミングで妊娠できない」

という相談を良く受けます。

夫婦生活を適時持ち、
医師の検査でも夫婦ともに特に問題が見当たらず、
また排卵チェックも行い、
そして、若いにもかかわらず妊娠できない。

こういったケースでは、
男性に問題があるかもしれません。

続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 10:00| Comment(0) | 妊娠力をつける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

着床前診断について

先週、新聞に掲載され議論を呼んだ「着床前診断」についてです。

個人的には卵の質をアップさせる方法により、
流産やダウン症といった染色体疾患の
お子さんは減らせると考えておりますので
今回の高額な検査はあまり興味がなく取り上げませんでしたが、
多くの患者さんから問い合わせがあったので個人的な見解を。

産経新聞によると、
「神戸市中央区の産婦人科医院「大谷レディスクリニック」大谷徹郎院長(57)は
11日の記者会見で、新型の着床前診断をこう説明し、
「年齢とともに染色体異常が増え、妊娠率が低くなり流産率が高くなる」
として、高齢出産が増える現状での診断の有用性について理解を求めた。」

とあります。
私は、以下の理由で条件付きで有用性が高いと思います。


続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 10:00| Comment(0) | 提言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

坂上みきさん 53歳で妊娠中!

元テレビ新潟のアナウンサーで、
ラジオのパーソナリティとして知られる坂上みきさんが、
ご自身のブログで妊娠を発表されました。
現在、8カ月という事で、夏には出産される予定のようです。




続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 08:29| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

今日の数字:48歳

人は何歳まで自分の卵で妊娠できるのでしょうか。


調べてみたところ、
53歳というのが日本人の最高齢妊娠でした。
(卵子提供を除きます)

私の治療院の場合は、
それが今日の数字に出てきた48歳
これが今現在の最高齢妊娠実績です。
続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 08:00| Comment(0) | 今日の数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

今日の数字:23℃

夏も近づいてきた今日この頃ですが、
いかがお過ごしでしょうか?


今日の数字は

23℃。

これはその日の最低気温の事ですが、
最低気温が23℃を下回らなくなると、
卵に影響が出てくるってご存知でしょうか。

続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 15:05| Comment(0) | 今日の数字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

今日の数字:500万人

欧州ヒト生殖学会の第28年次大会で、
IVFが始まってから、今までに
推定で500万人もの赤ちゃんが産まれたと発表しました。

現在では年間に35万人もの赤ちゃんが
IVFで産まれているそうですが、
そのうち、1万人が日本で産まれてくる赤ちゃん。
実は、日本はIVF大国だったのです。


続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 08:58| Comment(0) | 不妊症データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。