2012年06月16日

精子の質について

今日は精子の質について書いていきたいと思います。

卵子も年とともに質の低下をするように、
精子も同様の変化を伴います。
そうです。
精子の質は卵子同様、染色体のエラーの有無で決まります。
ですから、40歳代の夫婦は
卵子の質のみならず精子の質も高めたいのです。

ですが、多くの男性は、
「女性と違って70歳代や80歳代でも父親になっている人が多くいる」
といいます。
確かにそれは事実なのですが、
精子の質は40歳を過ぎるころから低下し、45歳以降は大きく低下するようです。

Lawrence Livermore National Laboratory』によれば、
45歳を超える男性の精子DNAの損傷は、
30歳未満の男性と比較すると2倍にもなったそうです。
この精子の質は、単に数や運動だけでは判断できるものではありません。
一般に行われている精子検査では非常に分かりにくいのです

ということは、子宝になかなか恵まれないのは、
「精子に問題がない」
とされている男性側に問題がある可能性も十分にあるのです。


もちろん、卵子同様、対策を取ることもできます。





続きはコチラ!
タグ:精子の質
posted by 山田光敏 at 09:02| Comment(0) | 精子の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

受精卵がきちんと分化するには

今回も論文紹介で申し訳ありません。

イギリスの『Nature』に、
受精卵の細胞分化が正常に行われない原因の解明につながる
研究成果が掲載されました。

将来、培養卵が途中で分化停止しなくなる可能性を秘める内容です。


続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 08:55| Comment(2) | 卵の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。