2012年04月25日

こうのとり講座、募集再開

東急セミナーBEたまプラーザで行います、
「セルフこうのおり療法」
の講座開講についてです。

セルフこうのとり療法は、
このブログでも取り上げている方法を、
自分で行うためのものです。
全3回しかありませんので、
全てを紹介するのは困難ですが、
少しでも役に立つことを紹介できればと思います。

今回の募集は今年最後の募集となります。
この機会をお見逃しなく、
ご参加いただければと思います。

詳しくは
東急セミナーBE セルフこうのとり療法講座紹介】
をご参照ください。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。


※ ここで紹介している方法を直接、指導を受けることができる講座紹介です。
只今、受講者受付中!
昭和女子大学オープンカレッジ 妊活講座紹介】
東急セミナーBE セルフこうのとり療法講座紹介】

※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝マッサージ 楽天
posted by 山田光敏 at 18:05| Comment(0) | 講習会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

LHスキップ法で卵の成長を促す

卵の老化シリーズの5回目です。

今回は、以前の記事で非常に反響のあった、
「LHパルス」について紹介していきたいと思います。


卵の成長を促すものに、LHパルス、というものがあります。
一般的にLHは卵胞期には緩やかに上昇し、
排卵前に急激に上昇するLHサージが良く知られていますが、
実際のところ、
LHはGnRHのパルス状分泌により、
数十分〜数時間という単位(一般的に90分前後)でパルス状に分泌されます。


このパルス状に分泌され、一定の分泌差が生じることで、
卵胞の成長を促すことが分かっています。
また、視床下部性無月経では、このLHパルスが
消失していたり落差が小さくなっていたりします。

ですから、「LHパルス」をどう促すかが、
40歳代の方や早発閉経の方の卵の質を高める要素となるのです。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。



続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 16:21| Comment(0) | 卵の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

体外受精は多胎になりやすい

4月14日に
体外受精卵、1つでも多胎 確率、通常の2倍に
という記事が朝日新聞にありました。

多胎率を見てみますと1974年に0.62%でしたが、
2005年には1.2%に上昇しています。
当初は誘発剤の使用が増えたり、移植胚の数が多かった事によるものと考えられていました。

実際に「多胎妊娠防止のための移植胚数ガイドライン」が出た2007年以降は、
減少傾向を示していますので、その考えは間違っていなかったのですが、
多胎増加原因はそれだけではなかったようなのです。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。



続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 09:06| Comment(0) | 卵の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

キスペプチンと排卵

今日、毎日新聞で、
エストロゲン、遺伝子活性化させ排卵促す
という記事がありました。
記事だけでは全く分かりにくいので、
少し補足して紹介していきたいと思います。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。


続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 09:07| Comment(0) | 妊娠力をつける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。