2012年01月25日

最近、人気急上昇の、とある漢方薬

最近、ある漢方薬がにわかに脚光を浴びています。

甘草です。

甘草に含まれる成分が精子機能向上効果があるとして、
長崎国際大学薬学部の田中先生が発表しました。
新聞にも紹介されていたこともあって、
本当に効果があるのかという問い合わせが少なくありません。

確かに、服用によって受精率が大幅に改善しているのですが、
実はこの甘草、副作用があることでも知られているものなのです。

有名なのが、偽アルドステロン症。
浮腫や低カリウム血症、高血圧といった症状です。
このほか頭痛、嘔吐、不静脈、心臓発作などが引き起こされます。

もし、服用を希望するのであれば、
副作用が強い漢方ですから、
漢方薬局ではなく、医師から処方を受けるようにするのをお勧めします。
ただ、現時点ではマウスの実験による効果ですから、
人にどれだけ効果が得られるかはまだ分かっていません。
今すぐ手を出すより、もうしばらく様子を見ても良いと思います。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。



※ 1月開講の妊活講座、受付終了しました。
詳しくは昭和女子大学オープンカレッジへ!
昭和女子大学オープンカレッジ 妊活講座紹介】


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝マッサージ 楽天
posted by 山田光敏 at 10:00| Comment(1) | 卵の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

元気な赤ちゃんを授かるために

当治療院では、ただ、妊娠しやすい状態にしていくのが目的ではなく、
「元気な赤ちゃん」を授かって欲しいと願っています。

まず、日本における障碍を持ったお子さんの出生数を見てみると、
山口大学の梶井先生の計算ですと、
ダウン症だけでも、1/358にもなるのだそうです。

赤ちゃんが障碍を持つ原因に「催奇形因子」というものがあります。
この因子が赤ちゃんに作用し、様々な障碍の原因となります。
そこで、催奇形因子というものを排除することで、
元気な赤ちゃんを育んで欲しいと私は考えています。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。



続きを読む..
posted by 山田光敏 at 10:00| Comment(0) | 卵の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

脂肪幹細胞

ご存知の方も多いと思いますが、
某病院で「脂肪幹細胞移植」というものを始めようとしています。

話は遡りますが、2009年4月に中国で、
卵子の幹細胞とみられる細胞を分離し、不妊マウスの卵巣に移植した結果、
8割のマウスが健康な子どもを産んだというレポートが発表されました。

これが本当なら、加齢による卵の質の改善に役に立つと期待しましたが、
原則、哺乳類は出生前に卵子の増殖を終え、
出生後の卵巣に幹細胞は存在しないのが定説です。
ですから、実際に現場に出るには早くて5年はかかるかと思っていました。

子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。



続きを読む..
posted by 山田光敏 at 14:34| Comment(0) | 卵の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

子宝マッサージを行う上で、

私たちが子宝マッサージを含む、子宝施術を行う上で、
どういった事を念頭に入れているか、
それを書かせて頂きたいと思います。

既に通われている方はご存じのことと思いますが、
当治療院は生活習慣の改善というものを細かくお話するようにしています。
これは、その方が5年後に、出産に至っても至らなくても、


後悔


しないで済むようにしたい、と強く願っているからです。

私たちの治療院は今年36周年を迎えましたので、
中には4世代で通われている方もいらっしゃいます。
そして、以前、子宝施術に通われている方が、他の悩みで
再度お越しになる方も多数いらっしゃるのです。

そういった方々と話していると、
「もう少し、あの時、アドバイスを守っていればよかった」
とお話になる方が少なくないのです。

私たちは患者さん一人一人と向き合い、
少しでも後悔しない妊活ができるようにサポートできるよう
頑張っていきたいのです。


子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。



※ 1月開講の妊活講座、新規受付中です。
詳しくは昭和女子大学オープンカレッジへ!
昭和女子大学オープンカレッジ 妊活講座紹介】


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝マッサージ 楽天
posted by 山田光敏 at 16:33| Comment(0) | 子宝マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

空胞が続く場合、どうすればよいか

明けましておめでとうございます。
今年も、皆様の子宝のために、
少しでも良い情報を提供できるよう頑張って参りたいと思います。

今年最初の内容は「空胞」についてです。


折角、誘発をして卵胞が育ったのに空胞。

こういった経験をされている方は少なくないと思います。
ここでは空胞を少しでも減らすためのヒントを書いていきたいと思います。

空胞対策には、
・個人で行う事
・専門医が行う事
の2つがあります。

一部では、空胞は「老化しているから」という説明を行う方もいるようですが、
最近のDr.は様々な空胞対策を行うようになってきました。
単に「老化」の一文字では済まさなくなってきているので、
本当に心強く感じています。

ですが、全てをDr.に依り頼むというのも困ります。
高度生殖医療というのは、妊娠の手助けに過ぎず、
本来は、妊娠を希望されるカップルの体質改善が一番大切なのです。

そこで、個人は何を注意すればよいか書いていきたいと思います。


まず、空胞が続く方を分析してみて次のようなことが分かりました。
・OBSTである
・BMIが18未満、28以上
・採卵回数が多い
・アンダーバストとウエストの比率が0.92以上
・脂っこい食事が多い
・甘いものが好き
・夜更かしをする
・運動不足

その他、独自の指数もありますが、
こういった事が多い方ほど空胞になる傾向が強くなるようです。

空胞を少なくする事は、
それだけ妊娠率を高めることにもなります。
こういった事を改善して少しでも空胞率を下げられると良いですね。



子宝マッサージの詳細に関しましては当該記事をご参照ください。



※ 1月開講の妊活講座、新規受付中です。
詳しくは昭和女子大学オープンカレッジへ!
昭和女子大学オープンカレッジ 妊活講座紹介】


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝マッサージ 楽天
posted by 山田光敏 at 14:02| Comment(0) | 卵の質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。