2011年06月01日

卵の質を高める(2)

今日、東急セミナーBEにて、卵の質を高めるという講座を行ってきました。

震災、直後の募集だったにもかかわらず、
多くの方が参加してくださり、誠にありがとうございました。

その講座でも話したのですが、
卵の質を高めるために、まず、重要なのが、

・食事
・運動
・休養
・ストレス対策

これは恐らく誰も異論がないと思います。

食事の質を高めることが、卵の、ひいては妊娠後の胎児のからだを作っていく礎となり、
運動は女性内性器の血行の改善を、
休養はホルモンのバランスを改善していきます。


そこで、まずはこれらの改善から進めていきたいのですが、
今回は運動に関して書いていきたいと思います。

まず、よく歩くことです。
私は1日12,000歩を勧めており、
そのうち40分は連続して、普段よりも歩幅を広げ、
歩速も息が上がる少し前を持続して歩いてもらいます。

動物は歩くことで骨盤内の血行が促されるのですが、
人は二足歩行になった関係で普通に歩くだけでは骨盤内の血行は促しにくくなります。
上記のような歩き方を行うことで骨盤内の血行を促すことができます。

この時、注意したいのが、
『歩行時の骨盤の安定』です。
どうしても歩幅を広げたり、歩速を上げたりすると骨盤が前後に揺れたり、
左右に振れたりする方が少なくありません。
骨盤が不安定な歩き方は疲れやすくなったり、
腰痛の原因にもなりますので安定した骨盤位が重要です。

そこで、肛門を軽く締めて歩くようにするのです。
たったこれだけで骨盤が触れることなく、
歩幅や歩速を上げて歩けるようになります。

是非、試しに行ってみてください。


※ 子宝講座、たくさんのご応募ありがとうございました!
東急セミナーBE たまプラーザ校】


※ 書籍に関しては下記リンクをご参考下さい。
子宝マッサージ amazon
子宝マッサージ 楽天

子宝治療院
posted by 山田光敏 at 12:52| Comment(0) | 妊娠力をつける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。