2008年10月30日

〈質問〉 採卵時の空胞を減らすには

〈質問〉 採卵時の空胞を減らすには
〈回答〉 D3時の卵巣機能を整えます

卵子の質はすでに書いていますとおり、
D3時にほぼ決定しています。
ですから基礎体温コントロールもD3を大切にしています。

詳しく書きますと、この時期の後期胞状卵胞の数や位置、
大きさが卵の質を左右します。
できれば胞状卵胞数は5〜7個程度大きさが揃っているといいですね。

採卵周期前にピルを投与すると胞状卵胞の大きさを揃えられますが、
胞状卵胞数が減少することもあるので、できるだけピルの服用後は
内診による確認をし、減少が確認されれば次の周期に採卵を伸ばすのも一つの手です。


続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 00:45| Comment(2) | よくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

<質問> マッサージはお腹だけなのですか?

<質問> マッサージはお腹だけなのですか?
<回答> 原則、お腹だけです。

子宝マッサージは原則、腹部のみをマッサージしていきます。
時に、全身のマッサージを希望される方もいらっしゃいますが、
全身を行っても腹部のみでも、腹部の体液循環の改善に大差ありません

また、全身に行いますと刺激が分散されてしまい、
効果が落ちてしまうことも考えられます。

続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 13:33| Comment(0) | よくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

<質問> 胚移植後に気をつけた方が良いことはありますか

<質問> 胚移植後に気をつけた方が良いことはありますか
<回答> 気をつけたいことが幾つかあります


まず、重要なのは移植から着床予定日まで、
なるべく無理をしないことです。
できれば安静にしてもらいたいくらいです。
仕事など、どうしても安静にできない場合は、
できるだけ11時までに就寝することです。

他には、
続きはコチラ!
posted by 山田光敏 at 11:32| Comment(1) | よくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。